豊胸術

  • アメリカ英語
  • イギリス英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ポルトガル語
  • 中国語
小木曽クリニック電話番号
0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
無料相談・
カウンセリング予約
  • 小木曽クリニック小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック小木曽クリニック

診療内容

豊胸術

豊胸術の種類

最新の美容外科医療では、ご希望に応じて3つの方法を選択することが出来ます。
それぞれの特徴と長所、短所がありますので、それらを考慮して決めることが大切です。

  1. シリコンプロテーゼの特徴
  2. ヒアルロン酸注入法
  3. 自己脂肪注入移植法
シリコンプロテーゼの特徴
  • 構造と安全性
    内容物はコヒーシブ(凝集性)シリコンジェルで、体内で長年に渡って変化せずに安定した状態を保ちます。外膜は3層構造のシリコン(エラストマー)で万一穴が開いても内容物が漏れ出ることはありません。当院で採用しているプロテーゼは、アメリカ製とフランス製で、アメリカのFDA(食品医薬管理局=日本の厚生労働省)で認可されたものとヨーロッパのCEマーク(ヨーロッパ安全基準)を取得しています。
  • 感触
    当院で採用しているソフトコヒーシブシリコンは人の脂肪に近い柔らかさと弾力性があり、従来のいかなるプロテーゼよりも遥かに自然な感触が得られるため入れていることが殆ど分かりません。
  • 形状

ラウンド型        アナトミカル型

 

ラウンド型(半球状) プロテーゼの上端にボリュームがあるため、胸の谷間を強調したい場合に適しています。
アナトミカル型(涙状) プロテーゼ上端からトップにかけてボリュームアップするため、痩せた方でも自然な外観が得られ、プロテーゼが入っていることが分かりにくいのが特徴です。
手術法

1.切開部位

当院では次の3つの部位から選択出来ます。

①腋窩切開
腋の下中央を4㎝位(挿入するプロテーゼの大きさによって多少異なる)切開してプロテーゼを挿入します。術直後から傷痕を隠すことが出来、経過とともに6カ月から1年位で殆ど分からなくなります。3つの切開部位の中で最も傷痕が目立ちにくく、術後瘢痕になりにくい部位です。

 

②乳房下縁切開
腋の下中央を4㎝位(挿入するプロテーゼの大きさによって多少異なる)切開してプロテーゼを挿入します。術直後から傷痕を隠すことが出来、経過とともに6カ月から1年位で殆ど分からなくなります。3つの切開部位の中で最も傷痕が目立ちにくく、術後瘢痕になりにくい部位です。

 

③乳輪下縁切開
輪の下半周部分を切開してプロテーゼを挿入します。スペースを形成する操作はし易いのですが、乳腺や乳管を傷付けるリスクがあること、術後切開部が目立つことと、切開部皮下に癒着が起きると陥没して目立つことがあるため、日本では余り行われていません。

 

以上の理由により、当院では腋窩切開を最も多く行っていますが、患者様のご希望により乳輪下縁切開や乳房下縁切開を選択することも出来ます。また、プロテーゼ入れ替えの場合や被膜拘縮の場合などは、乳房下縁切開を選択することもあります。

 

2.プロテーゼ挿入部位
当院では以下の3つの部位に挿入しています。

①乳腺下
乳腺の下で大胸筋の上に挿入します。3つの部位の中で最も柔らかい感触と自然な動きが得られますが、非常に痩せた方ではプロテーゼの輪郭が目立つことがあります。

②大胸筋筋膜下
大胸筋の上で筋膜の下に挿入します。感触と動きは乳腺下と大胸筋下の中間くらいですが、筋膜下を剥離してスペースを作るのに、術者にある程度の経験が必要な術式です。当院では痩せていて挿入したプロテーゼの輪郭が目立ちやすい方に行っています。
 ③大胸筋下
大胸筋の下で小胸筋の上に挿入します。プロテーゼの輪郭は目立ちにくいのですが、筋肉の張りによって少々固く張った感じになり、動きも左右上下ともに制限されます。
 

3.プロテーゼ挿入の広いスペース形成

豊胸術の結果は、プロテーゼを挿入するスペースの形成によって殆ど決まります。一般的に行われているスペースの形成は、バスト上部は第3肋骨付近まで、外側は前腋窩線位までですが、当院では上部は第2肋骨上縁、外側は中腋窩線~後腋窩線までの非常に広いスペースを作成しています。

 

そのメリットは以下の通りです。

但し広いスペースの形成には余分な時間と出血のリスクを伴い、特に外側の剥離は肋間神経や肋間動脈の穿通枝があるため熟練と豊富な経験が必要で、一般の美容外科では殆ど行われていないのが実情です。

麻酔法

麻酔は硬膜外麻酔法と言って、手術部位の痛みだけを取り意識があるために、希望があれば手術中に鏡で大きさや形が確認でます。睡眠麻酔を使用しないために、術後早期に帰宅でます。
その他、静脈麻酔で眠っている間に手術を行うことも出来ます。

手術時間

約1時間の手術で、リカバリールームで2~3時間の休憩の後帰宅できます。

術前の検査

術前には詳細な血液検査を行います。血液型、貧血、肝機能、腎機能など生化一般に加えて、あらゆる感染症をチェックします。

手術後の経過
圧迫固定 確実な止血のため翌日まで特別の圧迫帯と包帯で強く圧迫します。2日以後はバストバンドで1週間固定します。
ドレーン 通常は殆ど使用しませんが、プロテーゼ入れ替えや出血の多い場合には留置することがあります。
抜糸 通常は、傷口は真皮縫合のみのため抜糸は不要です。
シャワー 傷口に防水テープを貼れば、翌日からシャワー可能です。
入浴 1週間後から可能です。
腫れ 1~2週間ほどで退いて来ます。
術後の痺れ 術後2週間から1~3ヶ月位バストの感覚が鈍くなることがありますが徐々に回復して来ます。
術後マッサージ 当院では手術1週間後から簡単なマッサージを指導しています。
ブラの着用 術後のブラの着用は出来るだけ控えて頂いていますが、ワイヤーのないブラは1週間後から可能です。通常のワイヤー入りのブラジャーの着用は経過によりますが、大体3か月後からです。
術後検診 術後の検診は手術の結果をさらに良くするために大切ですい。通常は翌日検診、1週間後、2週間後、1か月後、3か月後、6か月後で終了です。
手術の限界
手術の合併症
  1. 被膜拘縮
    挿入したプロテーゼの周囲には術後1~3か月間で自然に柔らかい被膜が形成され、プロテーゼはその中で長期にわたって安定した状態を保つことが出来ます。但し稀に被膜拘縮という現象が起こると被膜は硬く張った感じになります。被膜拘縮の原因はまだ全て解明されていませんが、何らかの原因で被膜が狭小化して拘縮する現象で、一般には1~2%で起きると言われています。被膜拘縮には軽症から重症まで程度の差があり、マッサージと内服治療によりある程度改善しますが、改善が少ない場合や左右の差が気になる場合には後日入れ替えの手術が必要となります。その手術には別途費用が必要です。
  2. 血腫形成
    通常の手術では出血はわずかですが、プロテーゼの入れ替え手術などではまれに術後予想外の出血が起きて血腫形成をする場合があります。その場合には出来るだけ早期に再開創して血腫を除去する必要があります。
  3. 知覚低下
    術後のバストの痺れや知覚低下には個人差がありますが、殆どの場合は2週間から3か月位で回復します。ただし稀に乳頭乳輪周囲の知覚低下が長期間残ることがあります。
  4. プロテーゼの抜去と再手術
    非常に稀ですが、予期しない感染症やプロテーゼによる拒絶反応などが起きた場合には、医学的判断によりプロテーゼを抜去せざるを得ないことあります。その場合には抜去の費用は不要ですが手術費用は返金致しません。また再挿入の手術には別途費用が必要です。
症例

21歳 女性 250cc

24歳 外国人女性 300㏄

26歳 女性 225㏄

20歳 外国人女性 350㏄

19歳 女性 250㏄

24歳 女性 300㏄

27歳 女性 275cc

45歳 外国人女性 350㏄

25歳 外国人女性 豊胸入替手術500㏄→750㏄

23歳 女性 220㏄

32歳 女性 280㏄

18歳 女性 400㏄

31歳 女性 325㏄

バストの診療内容
一覧へ戻る
ページトップ戻るボタン
小木曽クリニックお問い合わせ 0120-566-395
来院予約・無料相談・カウンセリングの
ご予約はこちらからどうぞ
小木曽クリニック電話番号
小木曽クリニック電話番号0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
ボタンをタップしてお電話ください
無料相談・カウンセリング予約