エラ削り(下顎角形成)、顔面輪郭形成の手術方法や症例について

  • アメリカ英語
  • イギリス英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ポルトガル語
  • 中国語
小木曽クリニック電話番号 小木曽クリニック電話番号
0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
無料相談・
カウンセリング予約
  • 小木曽クリニック 人生をより美しくよりクールにいつまでも若々しく自信に満ちあふれて送って頂くことが私たちの使命です 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック

診療内容

下顎角形成(エラ削り)

下顎角広範囲骨切り術

下顎角骨切り術は日本人の顔面骨形成で最もポピュラーな手術ですが、患者様が期待されている結果を出すことは中々容易ではありません。なぜなら一般的に行われている口腔内切開の手術では、下顎角部の最も突出している非常に狭い範囲の骨切りしか出来ないからです。原因は口腔内の狭い手術野に電動骨切りカッターを入れて、最も深くに位置する下顎角部を骨切りするため制限が非常に大きく、切除量が少ないばかりか術後の外観が不自然になる場合が殆んどです。

当院では、たった2.5㎝の目立たない皮膚切開によって下顎角後方からオトガイ部に至る広範囲骨切り術を行い、さらに外板(外側皮質骨)を削ることで横顔だけでなく正面顔も大きな変化が得られます。また骨切りラインは滑らかなカーブを描いているため術後の自然な外観を失いません。全長で8㎝~9.5㎝におよぶ下顎角骨切りを行っているのは当院だけで、全く異次元の結果が得られます。

一般的な下顎角骨切り術

当院の下顎角広範囲骨切り術

一般的な下顎角骨切り術の欠点 当院の下顎角広範囲骨切り術の特長
骨切り量が少ない
口腔内のため術野が狭いだけでなく、下顎角が最も深い位置にあるため操作が非常にしにくく、いくら熟練しても広範囲に骨切りが出来ない。
骨切り量が非常に大きい
皮膚切開部は下顎角直上のため、熟練すればたった2.5㎝の傷痕で下顎角後方からオトガイ部前方までの8~9.5cmに及ぶ骨切りが可能。
スムーズなカーブで骨切りすることが殆ど不可能
カッターを骨切り面に垂直に当てることが出来ないためスムーズな骨切りが殆ど不可能。
スムーズなカーブを描く骨切りが可能
骨切りカッターを骨面に垂直に当てることが出来るため、スムーズで自然なカーブを形成出来る。
左右差が出来やすい
術者の利き手に影響されて左右差が出来やすい。
左右差が少ない
術者の利き手に影響されないため左右対称に骨切り出来る。
安全性に問題がある
手術野の骨膜上を顔面神経と顔面動脈が走行しており、術中操作を誤ると大出血や顔面神経麻痺などの重大な事故に繋がりやすく、また下顎角裏側に付着する翼突筋群を損傷すると止血が困難。
安全性が非常に高い
顔面神経・顔面動脈とは離れた位置での操作であることと、下顎角裏側の翼突筋群を十分に剥離することが出来るため、安全性が非常に高い。
腫れが大きい
視野を確保するため骨膜下を広範囲に剥離するため腫れが非常に大きい。
腫れが非常に少ない
骨切り部分のみを剥離するため腫れが最小限に抑えられる。
手術方法
  1. 術前3-D CT検査で決定した下顎骨骨切りラインの下の皮膚を2.5cm切開して、骨膜下を広範囲に剥離し付着している咬筋や裏側の翼突筋群を全て剥離します。
  2. 切開創はたった2.5㎝ですが、口腔内アプローチと異なり術野が非常に近いことと、レシプロソー(骨切りカッター)を骨に垂直に当てることが出来るため、オトガイ部(アゴ)から下顎角上方の顎関節付近までを広範囲に骨切りすることが可能です。
  3. その後盛り上がった隆起部の外板を削り、骨切り部の断端をスムージングして丸みを形成します。
  4. 骨髄からの出血はボーンワックスで止血し、筋肉群からの出血はバイポーラーで止血します。
  5. 2.5㎝の切開創を真皮縫合し外側はサージカルテープで固定して終了。
術前検査

頭部3-D CT検査、頭部X線検査、胸部X線検査、心電図、各種血液検査など
オトガイ神経管の位置の確認が重要です。

麻酔

全身麻酔

手術時間

約2時間~3時間

手術後の経過
圧迫固定

術後3日間はフェースバンデージにて強く圧迫して腫れを予防します。

ドレーンチューブ

血腫予防のためにドレーンチューブを留置します。

痛み

骨には知覚神経がないため術後の痛みは軽度な鈍痛程度です。ピークは2~3日でその後は徐々に軽減して行きます。

腫れ

1週間をピークに2週間くらいで退いて来ます。

抜糸

テープ固定のため抜糸はありません。

検診

翌日、2週間後、3か月後、6か月後
翌日検診時にドレーンチューブを抜去。

シャワー・入浴

シャワーは翌日から、入浴は3日後から。

傷痕

2.5㎝の切開ラインは経過とともに徐々に目立たなくなり、通常3~6カ月で細いシワのようになります。

痺れ

術後しばらくの間、口の周りの感覚が鈍くなることがありますが、通常は術後2週間くらいから3か月位で徐々に回復して来ます。

開口障害

顎関節付近の腫れのため、術後しばらく口が開けにくい状態になりますが徐々に回復して来ます。

術後検査

術後6カ月検診時に頭部3-D CT線検査を行います。

手術の限界
症例

エラ削り(下顎角広範囲骨切り術)長谷川綾さん(33歳 OL)

私はどういう訳か成長期に身長は伸びずに、エラばかり大きくなってしまいました。友達からは「ホームベース」というあだ名を付けられ笑ってごまかしていましたが、内心はすごく傷つきました。今回エラの手術を受けたいと思い色々なクリニックでカウンセリングを受けましたが、実際の手術方法を一番細かく詳細にわたって説明して頂いた小木曽クリニックに決めました。

結果は写真の通りでびっくりする程の大きな変化に大満足。エラの輪郭が細くてシャープになっただけでなく、顔の印象が若返ったようで喜んでいます。多分長年の心のつかえが取れて気持ちが明るくなったからかもしれません。

院長先生から、切り取られたエラの骨の大きな塊を見せてもらい二度びっくりしました。小さな傷痕からこんなに大きな骨が削れるなんてすごい。手術を受けて本当に良かったと思っています。

院長コメント

長谷川さんの場合は下顎角が張って大きいだけでなく下顎全体の左右幅が広かったため、左右ともに9cm×2cmの骨切りした後、特殊な器具で外板を広範囲で切除して、側面からだけでなく正面からも小顔効果が出るようにしました。
また術中に咬筋を完全に剥離してしまうため術後の咬筋萎縮もボトックス注射よりも遥かに大きく、その結果とても細くてシャープな輪郭になりました。術後の表情がとてもいいですね。
もっと詳しく見る閉じる

エラ削り(下顎角広範囲骨切り術) 26歳女性

下顎角広範囲骨切り術 (37歳女性)

下顎角広範囲骨切り術 (21歳女性)

下顎角広範囲骨切り術 (35歳女性)

下顎角広範囲骨切り術 (28歳女性)

下顎角広範囲骨切り術+頬骨骨切り術 (24歳女性)

下顎角広範囲骨切り術 (36歳男性)

下顎角広範囲骨切り術 (22歳女性)

下顎角広範囲骨切り術+頬骨骨切り術 (21歳女性)

下顎角広範囲骨切り術 (26歳女性)

3D-CT写真 術前術後

下顎角広範囲骨切り術+頬骨骨切り術 23歳女性

 

下顎角広範囲骨切り術+頬骨骨切り術 31歳女性

下顎角広範囲骨切り術切除骨

骨切りラインは下顎角後方からオトガイ部に至る滑らかなカーブで全長8㎝~10㎝におよびます

他院術後の修正術

他院で下顎角部のみの狭い範囲の骨削りを行ったため凹凸不整となった症例
当院で11㎝に及ぶ広範囲骨切り術を行い非常に良好な結果を得ました

下顎角広範囲骨切り術 傷痕6ヶ月後

下顎角部2.5㎝の切開痕は殆んど分かりません

下顎角骨切り術(口腔内)

下顎角の肥大が軽度な場合や、皮膚側に傷痕が残ることをどうしても避けたい場合に適応があります。安全性と手術法の限界から、下顎角広範囲骨切り術のような広範囲の骨切りと大きな変化は得られませんが、下顎角部の突出をなくして角張ったイメージを改善することが出来ます。もちろん傷痕は口腔内だけなので外には残りません。

術前検査

頭部3-D CT検査、頭部X線検査、胸部X線検査、心電図、各種血液検査など
オトガイ神経管の位置の確認が重要です。

麻酔

全身麻酔

手術法

  1. 下顎の口腔内粘膜を広範囲に切開して、骨膜下を剥離しオトガイ部後方から下顎角部までを広く露出させます。
  2. オステオトームで下顎角上部の隆起部の外板を広範囲に削って下顎角付近の視野を出来るだけ広く確保します。
  3. オシレーティング(骨切りカッター)を用いて下顎角部を出来るだけスムーズに骨切りしオステオトームで滑らかなラインに仕上げます。
  4. 出血が持続する場合にはドレーンを翌日まで留置します。
  5. 口腔内の切開創を吸収糸で縫合して終了。
手術時間

約2時間~3時間

手術後の経過
圧迫固定

術後3日間はフェースバンデージにて強く圧迫して腫れを予防します。

ドレーンチューブ

血腫予防のためにドレーンチューブを留置します。

痛み

骨には知覚神経がないため術後の痛みは軽度な鈍痛程度です。ピークは2~3日でその後は徐々に軽減して行きます。

腫れ

1~2週間をピークに3週間くらいで退いて来ます。

うがい消毒

術後は2週間、毎食後イソジンでうがいを励行して頂きます。

抜糸

吸収糸のため抜糸は不要です。

検診

翌日、1週間後、2週間後、3か月後、6か月後
翌日検診時にドレーンチューブを抜去。

シャワー・入浴

シャワーは翌日から、入浴は3日後から。

傷痕

口腔内粘膜の傷跡は外からは見えません。

開口障害

顎関節付近の腫れのため、術後しばらく口が開けにくい状態になりますが徐々に回復して来ます。

術後検査

術後6カ月検診時に頭部3-D CT線検査を行います。

手術の限界

口腔内切開では下顎角部は非常に視野の展開が悪く、内視鏡を用いても安全に骨切り出来る大きさは限られています。また下顎角広範囲骨切り術に比べて、角度的に骨切りカッターの操作性が悪く、そのためスムーズなラインで左右対称に切除することが非常に困難です。

顔面輪郭形成の診療内容
一覧へ戻る
ページトップ戻るボタン
小木曽クリニックお問い合わせ 0120-566-395
来院予約・無料相談・カウンセリングの
ご予約はこちらからどうぞ
小木曽クリニック電話番号
小木曽クリニック電話番号0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
ボタンをタップしてお電話ください
無料相談・カウンセリング予約