飾りマッチ箱 Decoration box made by Yaeko Kogiso

  • アメリカ英語
  • イギリス英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ポルトガル語
  • 中国語
小木曽クリニック電話番号 小木曽クリニック電話番号
0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
無料相談・
カウンセリング予約
  • 小木曽クリニック 人生をより美しくよりクールにいつまでも若々しく自信に満ちあふれて送って頂くことが私たちの使命です 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック

院長コラム

飾りマッチ箱 Decoration box made by Yaeko Kogiso

私の母親が趣味で作った飾りマッチ箱です。
クリニックへ来院された方に希望があれば差し上げています。

ボール紙を切って和紙を張り付けて、2枚の間に4つのマッチ箱が付いています。私が言うのもなんですが、表側の和紙の下には柔かいクッションが入れてあり、マッチ箱に付けた金色の取っ手部分は、後でもう一度裏側で和紙が貼って隠してあるという芸の細かさです。
因みに母親は88歳で、この10年間で全身麻酔の手術を4回と視床梗塞などで満身創痍ですが、幸い頭と口だけは達者で、いつまでも至らない息子の私に携帯で絵文字を使ってお叱りのメールを送って来ます。
いくつになっても親とは有り難いものです。 

 
母親は、緑内障で左の眼が殆ど見えず、右は白内障で人工レンズですが、いつもメガネをかけてせっせとボール紙に製図して切り抜き、和紙を貼り付けて、4個のマッチ箱で飾り箱を作っているようです。


手に取ってよく見ると、表側の和紙の下にはクッションが入れてあり、マッチ箱の金糸の取っ手は、付けた後も裏からもう一度貼って結び目を隠しているという細かさ!
自分の母親ながら、足と腰のひどい痛みに耐えながらよく頑張ってくれていると感謝。 

  
 クリニックの待合室に置いて、希望される方にプレゼントしています。とても好評で、特に外国人の患者さんは全員希望されます。88歳の母親が作ったと聞いて皆さんびっくりされますが、、、

カテゴリ デザイン模様

最新記事 デザイン模様

ページトップ戻るボタン
小木曽クリニックお問い合わせ
来院予約・無料相談・カウンセリングの
ご予約はこちらからどうぞ
0120-566-396 受付時間 10:00〜19:00
小木曽クリニック電話番号0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
ボタンをタップしてお電話ください
無料相談・カウンセリング予約