下顎歯槽骨Setback法(受け口)

  • アメリカ英語
  • イギリス英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ポルトガル語
  • 中国語
小木曽クリニック電話番号 小木曽クリニック電話番号
0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
無料相談・
カウンセリング予約
  • 小木曽クリニック 人生をより美しくよりクールにいつまでも若々しく自信に満ちあふれて送って頂くことが私たちの使命です 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック

院長コラム

下顎歯槽骨Setback法(受け口)

 当クリニックのゴールデンウィークは、「連休」ではなく「連勤」です。
先日は沖縄から来られた男性の下顎前突症(受け口)のオペでしたが、この方は通常よりもかなりの重症。
口腔外科ならばSSROやIVRO術式で下顎全体を後退させる方法を行いますが、術前に2年間に及ぶ歯列矯正と2週間の入院および鼻腔チューブでの食事などの不便を余儀なくされます。
当院で行ったのは、歯槽骨骨切りSet back法(Kole法)という方法ですが、この方は通常よりも移動量を大きくするために下顎第5歯(第2小臼歯)歯槽骨を切除して分節骨切りして後退させました。たった2時間ほどのオペで腫れも非常に少なく翌日から食事もOKです。
いつものことながら、麻酔から覚めた患者さんに鏡を見せて最初の反応を見るのが美容外科医としての最大の楽しみ!?


通常は図のように下顎の左右第4歯(第一小臼歯)を抜歯して同部の歯槽骨を切除、水平骨切りして門歯部を分節してset back します。この方は重症だったため第5歯を抜歯して8mm~10mm近くset back。 

 
手術当日の術前術後。腫れが殆どないことが分かりますか?

 

 

 

カテゴリ デザイン模様

最新記事 デザイン模様

ページトップ戻るボタン
小木曽クリニックお問い合わせ
来院予約・無料相談・カウンセリングの
ご予約はこちらからどうぞ
0120-566-396 受付時間 10:00〜19:00
小木曽クリニック電話番号0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
ボタンをタップしてお電話ください
無料相談・カウンセリング予約