研修医は実力と経験不足を体力と情熱でカバーせよ!

  • アメリカ英語
  • イギリス英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ポルトガル語
  • 中国語
小木曽クリニック電話番号 小木曽クリニック電話番号
0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
無料相談・
カウンセリング予約
  • 小木曽クリニック 人生をより美しくよりクールにいつまでも若々しく自信に満ちあふれて送って頂くことが私たちの使命です 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック 小木曽クリニック
  • 小木曽クリニック 小木曽クリニック

院長コラム

研修医は実力と経験不足を体力と情熱でカバーせよ!

私の研修医時代は今から25年も昔のことですが、振り返ってみると、忙しいながらも毎日が新鮮でとても充実した日々でした。私が所属していた岐阜大学附属病院第2内科(循環器・呼吸器科)は、病院では最大の科でしたが、自由で個性と人間味豊かな雰囲気に溢れていました。

 

研修医は、重症疾患をはじめ大学病院ならではの様々な難しい疾患の患者さんの主治医を勤めながら、毎日の外来問診や尿検査などのノルマをこなし、時には関連病院へ外勤や夜間の当直勤務、会社・銀行などの事業所検診など、非常に忙しい中で色々な臨床の機会を経験しました。無論、若い新米医師の実力不足と経験不足をカバー出来るのは体力と情熱くらいしかありません。

 

この時期に自分のその後の人生を決定することになった多くの経験や色々な人々との出会い、思い出深い沢山の患者さんなど、今も私の心の中で消えることなく鮮明に残っています。数え切れないほど多くの患者さんの生死の場面に立ち会い、ドラマ以上にドラマチックなシーンにも数多く遭遇しました。

 

また大学病院から派遣されて色々な病院へも勤務しました。最新鋭の高度医療機器の揃った大きな病院では外来患者も多く、当直中は夜中でも救急車が何度も入って殆ど休む暇もありません。TVドラマのERはadrenergicに少々やり過ぎの感じですが、それに近いことは時々あります。ようやく救急外来から解放されて当直室へ戻ると、今度は入院患者さんの状態が急変して病棟へ駆けつけたりで、当直医師用の夕食を3回目のレンジにかけて食べる頃にはさすがに味もなくなっていましたが、空腹の胃には結構なご馳走に思えたものです。

 

週に1回、愛知県三河大野にある病院へ当直と翌日の診療にも行きました。ブッポウソウで有名な鳳来寺山や湯谷温泉が近くにある山間の病院ですが、スタッフばかりか患者さんも地元の顔見知りで、その家族的な雰囲気が私はとても気に入りました。私の地元も岐阜県瑞浪市の田舎だったせいかも知れませんが、、、、最近の都会の病院にはない何かしら懐かしさや温かさがありました。しかし、驚いたのは往診の時でした。(次の記事に続く)

 

カテゴリ デザイン模様

最新記事 デザイン模様

ページトップ戻るボタン
小木曽クリニックお問い合わせ
来院予約・無料相談・カウンセリングの
ご予約はこちらからどうぞ
0120-566-396 受付時間 10:00〜19:00
小木曽クリニック電話番号0120-566-395
受付時間 10:00〜19:00
ボタンをタップしてお電話ください
無料相談・カウンセリング予約